青野海運株式会社ヘッダー

 

titlebar E
安全・品質・環境

安全に対する取り組み
運輸安全マネジメント制度に積極的に取り組み、
完全管理体制を常にブラッシュアップしています。

 安全確保は運輸事業の根幹を成すものです。運輸安全マネジメント制度とは、輸送の安全確保に関し、従来からの
各交通モードの事業法に基づく保安監査に加え、運輸事業者自らが、経営トップから現場まで一丸となり安全管理体
制を構築・改善することにより、輸送の安全性を向上させることを目的とした運輸安全マネジメント制度のことです。
 青野海運では、弊社自らが自主的かつ積極的に輸送安全の取組みを推進し、構築した安全管理体制を継続的に改善
し、安全性の向上に努めています。
 

運輸安全マネジメント制度について詳しくはこちら▶▶

青野海運株式会社 安全・品質・環境
国際安全管理規則に基いた船舶安全管理システムを導入しています。
 近年起こった船舶事故の多くが人的ミスに起因していることから、主として船舶のハード面に着目し、船体向上や
設備の充実により対処してきた従来の安全対策とは別に、人的要因というソフト面からの安全対策の必要性が世界的
に認識され、IMO(国際海事機関)において「人的要因(Human Element)」についての検討が進められてきま
した。結果、船舶の運航管理体制に関する国際的規範を定めることにより、各海運企業の運航管理体制を確立し、船
舶の安全運航の向上を図ることが決定され、1993年10月IMO総会においてISMコード(国際安全管理コード)
として採択された。これを受け、1994年5月には「海上人命安全条約」(SOLAS条約)が改正され、旅客船・
タンカー等について1998年7月1日から同コードが強制化されることとなった。また、同コードの実施にあたり、
世界的に統一のとれた実施を図るためのガイドラインが、1995年11月のIMO総会において採択された。

ISM認証

titlebar A3
品質方針
品質に関する取り組み
顧客が満足し、安心できる船舶代理店業務をタイムリーに提供します。

titlebar A3
品質目標
① 荷主・顧客ニーズの正確な理解
② 作業現場における品質・安全の確保
③ 報告・連絡・相談の徹底

環境に対する取り組み
青野海運株式会社は、安全をすべてに優先し、お客様に満足していただける物流会社を目指すなか、
すべての企業活動において全社員が『自然との共生』『海洋・地球環境の保全』を心がけ
社会との共存共栄を図ります。



① 運航船舶の安全運航を徹底し、あらゆる面で海洋・地球環境の保全に取り組みます。
② 環境に関する法規制の遵守はもとより、自主目標を設定し一層の環境負担軽減を図ります。
③ 省エネルギー・省資源に取り組み、船舶の運航に伴い発生する産業廃棄物を適正に管理し、そのリサイクルに努めます。
④ 船舶の安全航行を阻害する重要な要因である乗組員の疾病及び災害の発生を防止します。
⑤ 環境教育及び啓蒙を継続的に行い、社員の意識向上を図るとともに、目標の定期的見直しにより継続的改善を図ります。
⑥ この方針は、関連する協力会社へも周知徹底すると共に、広く社外に公表します。
2014年6月1日 青野海運株式会社 代表取締役  青野 力 

 

グリーン経営認証 グリーン経営( 環境負荷の少ない事業運営)を実践しています。

グリーン経営認証とは
グリーン経営認証は、当財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取組みを行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行うものです。(トラック事業:2003年10月1日から開始。
バス、タクシー事業:2004年4月1日から開始。旅客船、内航海運、港湾運送、倉庫業:2005年7月1日から開始)

グリーン経営認証の狙い
本認証は、グリーン経営推進マニュアルに基づく事業者の環境改善の努力を客観的に証明し公表することにより、
取組み意欲の向上を図り、あわせて認証事業者に対する社会あるいは利用者の理解と協力を得て、
運輸業界における環境負荷の低減につなげていくための制度です。